ウォーターサーバーの利点

ウォーターサーバーVS電気ポット

公共施設やオフィスに必ずといっていいほど設置されているウォーターサーバー。
水だけでなくお湯も使えるということで、子供から高齢者まで幅広い世代に利用されています。
そんなウォーターサーバーですが、なかには「電気ポットの方が使いやすい」という方もいるのではないでしょうか?電気ポットはお湯を沸かすための家電製品ですが、ウォーターサーバーと電気ポットでは随分大きさも違うように思えます。
実際のところ、メリットが大きいのはどちらになるのでしょうか?

・ウォーターサーバーは冷水が使える
電気ポットはお湯を沸かすための機器ですから、冷水については専門外といったところです。
冷水が欲しい場合は冷蔵庫などで冷やしたミネラルウォーターを使うか、飲み物に氷を入れて冷やすしかありません。
しかしウォーターサーバーなら、もっとも口にしやすい5度程度の温度で保たれているため、ぬるくなってしまった水を使わずに冷たいお水を口にできます。

・卓上型も登場
ウォーターサーバーは、大きくて重たいようなイメージがあるかもしれません。
しかし最近ではテーブルの上や棚の上に固定して使える「卓上型」のウォーターサーバーが登場しています。
重さも、従来のウォーターサーバーなら15kg以上必要でしたが、10kg程度で収まる軽量型のサーバーが注目され始めています。
どんどん小型化するのが家電製品の特徴でもありますが、ウォーターサーバーについても移動や設置が楽なものが好まれてきています。

・たくさんのお湯が一度に使える
電気ポットはお湯を瞬時に沸かすことができますが、大量のお湯が必要になった場合はその限りではありません。
いちいち水を入れては沸かして、入れては沸かしての繰り返しになってしまいますから、あまり効率的とはいえません。
その点ウォーターサーバーならボトル内の水をすべて使うことができ、お湯は常に80度から90度に保たれて出てくるため、沸騰させる手間がかかりません。

このページの先頭へ