雑菌の繁殖

ウォーターサーバー衛生面について

ウォーターサーバーにも色々なタイプがありますが、一番問題視されるのは長く使うことによる衛生状態の変化ではないでしょうか。
従来の「リターナブル方式」はボトルをその都度交換して給水する仕組みなのですが、水を使うごとに蛇口からボトルへ空気が逆流し、中で雑菌が繁殖しやすいという欠点が指摘されてきました。
そこで、新しく「ワンウェイ方式」という方式が採用されるようになりました。

ワンウェイ方式は水を使うごとにボトルが圧縮されていき、空気を入り込ませない工夫がなされています。
空気が物理的に入り込めない構造のため、雑菌やカビなどの繁殖も抑えつつ水を消費することができる、非常に画期的な構造となっています。
ワンウェイ方式を採用しているウォーターサーバーの場合、リターナブル方式よりずっと衛生的であり、安全度が高くなっています。
また、メンテナンスや維持管理も楽であるということで、企業や事業者からの人気も高いようです。

・逆浸透膜浄水システム
リターナブル方式、ワンウェイ方式と異なる方式のウォーターサーバーが登場する一方で、水そのものの安全性にも目が向けられ、「逆浸透膜浄水」を施した安全性の高い水が採用され始めています。
逆浸透膜とは簡単に言うとろ過専用の膜のことで、2ナノメートルと非常に小さな網目をくぐらせることによって、水に含まれる不純物を取り除き、綺麗で衛生的な状態にできるという仕組みです。
ウォーターサーバーユーザーの中にはミネラルウォーターではなく純水を求める方もいますから、そのような方には逆浸透膜処理を行っているお水がおすすめです。
空気中の花粉や排煙などはもちろん、近年ではPM2.5、放射能や重金属など身体に有害な物質が取り上げされるようになり、健康を支える「水」の安全性が強く叫ばれています。
ウォーターサーバーを選ぶ際は、給水時の衛生面だけでなく水そのものについても、安心して口にできるものを選ぶようにしたいものですね。

このページの先頭へ