メーカーが多い

どこから頼むのがベスト?

ウォーターサーバーを導入する際、一番迷うのは「メーカーが多い」「サーバーの種類が多い」事です。
ウォーターサーバーを導入する際はメーカーそのものが信用できなければなりませんが、水の種類や契約内容、各種キャンペーンなどを細かく見て行くと大手のメーカーである必要もない気がします。
それでは結局、どこから水を取るのが一番ベストなのでしょうか?

・注目したいポイント①:総合的なコスト
ウォーターサーバーの維持管理には、サーバーのレンタル代、水の代金、サーバーのメンテナンス費、月々の電気代の四種類が挙げられます。
中にはレンタル代がかからず、水の代金と電気代だけで済むことを謳っているメーカーもありますが、いずれにしても総合的なコストを計算してみない事には、どのメーカーが一番お得なのかを知ることはできません。
まずはかかる費用をすべて計算し、比較検討することが大切です。

・注目したいポイント②:サーバーの大きさ、タイプの豊富さ
ウォーターサーバーは1m程度の床置き式タイプから、テーブルや机の上にも一人で設置できる卓上型まで幅広いサイズが揃っています
といっても、メーカーによっては床置き式しか扱っていなかったり、目的のサイズが見当たらない事もあります。
そこで、豊富なサイズ、デザインのサーバーを扱っているメーカーを比較検討することをおすすめします。

・注目したいポイント③:水の種類
ウォーターサーバーは新鮮なお水を購入するサービスです。
したがって、水が舌に合わないというのでは購入する意味がありません。
ミネラルウォーターはミネラルウォーターでも、硬度が高すぎたり逆に低すぎる場合は「想像と違った」という結果にも繋がりかねません。
そこでまずは、水の種類を比較検討してみることをおすすめします。
サーバーの使いやすさ以前に、水が自分自身の味覚にマッチするかどうかを確かめましょう。
ほとんどのウォーターサーバーメーカーにはサーバーを実際に使って試飲ができるイベントを必ず行っていますから、そのような場を積極的に活用すると良いでしょう。

このページの先頭へ