契約期間の満了

ウォーターサーバー契約の違約金

ウォーターサーバーをレンタルするうえで忘れてはならない事は、「解約金の発生」があるということです。
携帯電話などと同じで、契約期間中にどうしても他のメーカーに移動したい、あるいはウォーターサーバーを設置したが置いておくだけで使わなくなったという場合は、やむなく解約という手続きを踏むことになります。
解約するには、まず現在利用しているウォーターサーバーメーカーに連絡をして、契約期間中だが解約したいという旨を申し出ます。
ここで必要となる可能性が高いものが「解約金」です。

・解約金とは
別名「違約金」とも言われる料金です。
携帯電話と同じで、契約をユーザーの側から解除した場合にのみかかるお金のことを指します。
メーカーによっては解約金が無料になったり少しで済んだりと、違約金そのものにもかなりの差がついているため、ウォーターサーバーを申し込む前は必ず違約金の制度を確認しておきましょう。
具体的に解約金は何に使われるのかというと、ウォーターサーバーを撤去する運搬費や人件費、サーバー返却の送料などに使われています。
ちなみに契約期間を過ぎてから解除する場合違約金は一切かかりませんので、契約期間を過ぎた後すぐに解約を申し込む方法もあります。
契約期間についても、数ヶ月から1年程度と、メーカーによってかなり開きがありますから、気軽にお試し感覚で申し込まないように注意しましょう。

・解約金の値段
ほとんどのメーカーで5000円から10000円の範囲内に収まります。
10000円なんてとんでもない、という方はやはり契約期間が満了してからの解約をおすすめしますが、申し込んで1ヶ月程度であれば解約手続きに踏み切った方が良いかもしれません。
逆に、違約金が一切発生しない、もしくは5000円程度の割安な違約金で済むウォーターサーバーもあります。
これからウォーターサーバーを試してみたいという方には、いつでも止められるように違約金の金額が低いメーカーをおすすめします。

このページの先頭へ