環境保護

ボトルの種類とは

人気のウォーターサーバーは、いつでも新鮮な水を宅配して貰える画期的なサービスです。
ただし、申し込みをする前に考慮しておきたいのが、水を入れるためのボトルに二つの種類があるということ。
近年ウォーターサーバーも多様化し、さまざまなデザインや給水方式のサーバーが登場していますから、どんなものがライフスタイルに合うか考えてから申込むようにしたいものです。
以下では、二種類のボトルの違いについてメリット・デメリットをそれぞれ紹介しています。

・リターナブルボトル
使用後の空ボトルを返送して、洗ってまた使うリユース方式のボトルです。
環境に優しく、ペットボトルを消費するというムダを省けるので、エコやロハスな生活を心がけている方におすすめのボトルです。
環境を保護できるだけでなく、後から述べるワンウェイ方式よりも価格が安いことが大きなメリットです。
リターナブルボトルのデメリットについては、水の消費が多いご家庭や企業の場合業者がボトルを回収しに来るまで空ボトルをためておかなければならないので、適切な場所で管理していなければなりません。
このボトルが場所をとって邪魔になるということと、ボトルを工場で殺菌処理する際、加熱は十分かどうかが懸念されるところです。

・ワンウェイ方式
いわゆる使い切り方式のボトルです。
水を使うにしたがって、内部が圧縮されボトルが縮んでいくので、自分でボトルを潰さなくても自然と潰れた状態で処分することができます。
衛生的ですし、使い捨てなのでボトルをためて保管しておく手間も省くことができます。
また、リターナブルボトルに比べてボトルの重さが軽めであるところもポイントです。
ワンウェイ方式のデメリットについては、環境保護に貢献することはなく、あくまでボトルをゴミとして処分しなければなりません。
また、ゴミ出しの手間がかかるということと、リターナブルボトルに比べて料金が高く設定されていることも考慮に入れておく必要があるでしょう。

このページの先頭へ