リターナブル方式

ボトルを返送するメリット

ウォーターサーバーを家に導入する際は、必ず「リターナブル方式」か「ワンウェイ方式」のどちらを採用するか確認し、それぞれのメリットとデメリットを確認するようにしましょう。
リターナブル方式を選んだ場合、水を入れるボトルは使い切るごとに企業に返送しなければなりません。
今回は、ボトルを返送するメリットについて考えてみたいと思います。

・価格が安い
第一に、リターナブル方式は非常に効率的で無駄のない方式です。
ペットボトルを買って捨てるのではなく、その都度中身を入れ替えて使い回せるので、ボトルを無駄にすることはありません。
そのため、エコに配慮した分価格が安く抑えられるのが最大のメリットと言えます。

・受け渡しだけでOK
水が入っていた容器は業者によって回収され、その後工場で加熱処理によって殺菌消毒が施されます。
きれいになった後は再び水が注入されて、申込者の手元に戻ってきます。
ワンウェイ方式の場合、空になったボトルは申込者が自分で処分しなければなりませんが、リターナブル方式では捨てに行く手間はかかりません。
ボトルを受け渡しするだけで利用できる手軽さが魅力的です。

・エコである
ウォーターサーバーに限らず、何度も洗って使い直すというのは自然に負担をかけにくい方法です。
すでにエコロジーを意識した生活を送っている方には、使って捨てるワンウェイ方式ではなくリターナブル方式がおすすめです。
「使ったら返す」を繰り返すことによって、自然と環境に配慮したエコな生活が実現できます。

・選べるメーカーが多い
リターナブル方式は古くから存在する給水方式です。
そのため、多くの有名メーカーがリターナブル方式のウォーターサーバーを採用しています。
ワンウェイ方式に対応しているメーカーが増えてきたとはいっても、大手の企業の方がサービスの質が良い場合も多く、トラブル対応やキャンペーンも充実しているため、安心して利用できるメリットがあります。

このページの先頭へ