軟水

温水で美味しいコーヒーを淹れよう

ふつうの水道水とミネラルウォーターでは、カルキや不純物があるかないか、ミネラル成分の含有量の違いなどによって、インスタントコーヒーひとつとっても味わいにかなりの差がついてしまいます。
普段からコーヒーにこだわりを持っている方にとっては、少しでも風味豊かにコーヒータイムを楽しむために水にもこだわってみましょう。
ミネラルウォーターを手軽に楽しむには、そのつどお水を買って来る方法でも良いのですが、さらに手間をかけずに美味しいコーヒーを淹れるならウォーターサーバーを利用してみましょう。

ウォーターサーバーは1からお湯を沸かす手間がかからず、必要な時に冷水と温水を使い分けることができます。
ミネラルウォーターでコーヒーを淹れたことがない方もいるかもしれませんが、カルシウムなどのミネラル成分が多い硬水はコーヒーの苦みやコクを引きだしてくれます。
逆にミネラル含有率が少ない軟水については、コーヒーのマイルドさを引き立ててくれるので、苦みよりも甘みを感じやすくなると言われています。

硬水と軟水のどちらが自分の口に合うか、一度試してみても面白そうですね。
コーヒーをもっとも美味しく淹れるためには、お湯の温度も重要です。
大体85度から90度程度に保たなくてはなりません。

お湯が沸騰する直前までお湯を沸かすのは大変な作業ですから、常に80度~90度の温度に保たれているウォーターサーバーのお湯を使うことが一番手軽な方法です。
ちなみに85度程度のお湯で抽出すると、コーヒーそのものに甘みが出て美味しさが増すのだそうです。
苦みを強くしたい場合は90度で淹れるようにします。
夏場などはアイスコーヒーが飲みたくなりますが、まずウォーターサーバーのお湯で淹れてから氷や冷水を足せば、ちょうど良い温度のアイスコーヒーが出来上がります。
急にお客さんや友達が訪ねてきた時でも、ウォーターサーバーがひとつあれば楽にコーヒーの用意ができますね。

このページの先頭へ