非常用電源

停電時の利用は可能?

ウォーターサーバーは必要な時に水でもお湯でもさっと使えて、飲み物やお料理を作る際の時短にも使える便利な機器です。
災害時、水を常備するためにウォーターサーバーを導入しているご家庭も少なくないことでしょう。
ウォーターサーバーはタンクの中に水が入っていれば、たとえ停電になった時でも水を取り出すことができます。

ただしお湯は電気が止まってしまうと保温できなくなり、冷水についても冷たい温度を保つことはできなくなります。
要は常温に戻ってしまうということで、停電から復旧するまで冷水・お湯として使うことはできなくなります。
非常用の電源などがあればウォーターサーバーをつないで稼働させることもできますが、基本的に停電時は水しか取り出せないので注意が必要です。

ちなみに、停電や災害時はウォーターサーバーの電源を切り、コンセントを抜くのが正しい対処方法です。
これは何故かというと停電から復旧し電気が通った時、ウォーターサーバー内に大量の電流が流れ込む可能性があります。
一度に大量の電流が流れ込むと故障に繋がる可能性もあるため、停電が起きたらまずはお湯や冷水にこだわらず、ウォーターサーバーの稼働を安全に停止させることを心がけましょう。

停電中でも常温のお水は使えますので、お水は色々な用途に使ってOKです。
洗顔や洗髪(水の量に余裕があれば)などもできますし、赤ちゃんやご高齢の方の食事、飲み物づくりにも使えます。
サーバーからボトルを外せば中の水をそのまま飲料水に使用できるので、
停電中はあえてウォーターサーバーを動かさずボトルを外してしまっても良いと思います。

災害はいつ起きるか、そしてどれだけの期間続くのかは誰にも分かりません。
万が一数日間停電が続いた場合は特に雑菌などの問題が起きやすくなるため、ウォーターサーバーを稼働させる場合注意が必要です。
場合によっては掃除や水抜きなどが必要になりますので、万が一の事態に備えて適切な使い方を確認しておくようにしましょう。

このページの先頭へ