ミネラルウォーター

ウォーターサーバーの仕組み

家庭でおいしい水を飲むための方法としてウォーターサーバーが人気を呼んでいます。
これは家庭に専用のサーバーを設置してそこに水を補給していくもので、常にキレイな水を味わう事ができます。
このウォーターサーバーは多くの会社が提供しており、それぞれに採水地が異なっており、水に水素水処理を施している会社もあるので自分で自由に水を選んで購入する事ができます。
しかし、多くの会社がそれぞれのウォーターサーバーを持っており、互換性がないので自分が飲みたい水を選ぶ時には長く飲み続けようと思うものだけを選ぶと良いでしょう。
途中で辞めることもできますが、契約上違約金が発生するような場合も多いのでかなり注意する必要があります。
自分の飲みたい水が決まれば、あとは申込みをして家にサーバーと水が届くのを待てば良いです。
この水は毎週または隔週でタンクで届くものが多いので自身で選んで自分の利用しやすいように設定をしていきます。
そして、細かい事項やメンテナンスのタイミングなども相談し終えればそこからすぐに水を飲み始めることができます。
このウォーターサーバーの仕組みは案外シンプルになっており、サーバー上部に設置したタンクから落ちてくる水を蛇口をひねって出すというもので簡単に使用できるようになっています。
モノによっては途中にろ過フィルターがついているものもありますが、基本的な構造は同じです。
消費者にはこのタンクとついていればフィルターの交換が必要になります。
タンクの水は指定した時に送られてくるので、フィルター交換を自分でやったり、水の入ったタンクを設置する時には少し注意して壊さないようにして扱う必要があります。
基本的には構造は理解していなくても良いですが、水はタンクの上からただ重力に従って落ちてきているだけなので蛇口付近を壊さないようによく注意しましょう。
万が一激しくぶつかって蛇口が壊れたらタンクの水が全てこぼれてあたり一面水浸しになります。
また蛇口のひねる所がきちんとしまっていないと水が滴り落ちてきます。
ウォーターサーバーの中にはかなりおもしろい仕組みをしているものもあり、電気を使用してろ過や浄化を行っているような装置もあります。
我が家にあるのはこの紫外線ランプで水道チューブ内の雑菌を殺菌する仕組みがある装置で、これを使っていると多少掃除をさぼっても安心してサーバーを使用する事ができます。
我が家では2社のサーバーを使い分けており、私自身が仕事場としても使用している自室では電気が入らないタイプのサーバーを使用し、家族がみんなでいるようなリビングには電気を使用するタイプを設置しています。
仕事場ではあまり電気を使用したくないのと、場所を気分で変えたり、手の届く位置にサーバーを置きたいのでコードを気にせずに使用できる方が助かるのです。
また、水の消費もわりと激しいので交換回数が多く必要になる方を私が使用しています。
家族でゆったりと飲むリビングのサーバーはかなり飲みきるのに時間もかかるので安全のために殺菌効果のあるものを使用するようにしています。
その目的に応じて仕組みの違いをよく調べて最適なものを選ぶことでより安全に水を飲むことができます。

このページの先頭へ