ミネラルウォーター

ボトル使い捨てウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーに使用するサーバーのタイプには、ワンウェイ方式とリターナブル方式の2つがあります。
従来まではどのメーカーもリターナブルのみでした。
しかし昨今ではワンウェイ方式が人気を集めており、現在では我が家でもワンウェイタイプを使用しています。
実は一度解約した経緯があり、ワンウェイ方式のサーバーとリターナブル方式のサーバーのどちらも経験しています。
とは言ってもリターナブル方式は短い無料お試し期間だけでしたが、それでも大きな違いが見て取れました。
リターナブル方式では、12リットルの水が入るガロンボトルを使います。
素材はポリカーボネートと呼ばれるプラスチックで作られており、非常に硬くて頑丈です。
水を使って空になると、業者が回収してリユースされる仕組みになっています。
リサイクルとは違い、ボトルの形状を保った状態で再利用されます。
これはつまり、ガロンボトルは基本的に洗浄されてまた使われることになるのです。
欠損していたり、大きな傷が付いていたりする場合はリサイクルに回されるのです。
また、利用者側に非があった場合は弁償しなくてはなりません。
リターナブル方式を提供するウォーターサーバーの各メーカーには専用の洗浄機があるらしく、衛生的な状態に戻せるとのことでした。
ワンウェイ方式はほとんどペットボトルのような感覚です。
ただ水を使えば使った分だけボトルが潰れます。
外気を入れないことは衛生面においてリターナブル方式より優れていると言えるでしょう。
水がなくなればボトルは潰れます。
潰れたボトルはそのまま資源ゴミとして捨てれば、回収されてリサイクルされることになるわけです。
衛生面・使い勝手のどちらを見ても、使い捨てボトルのワンウェイ方式が優れていることになります。
使い勝手の良さを最も感じたのはスペースの確保です。
リターナブル方式では飲み終わったガロンボトルも保管しておく必要があります。
しかしワンウェイ方式ではその必要性がないので非常に楽です。
しかしメリットばかりなのかと言えばそうではなく、ワンウェイ方式のボトルは少々衝撃に弱い特徴があります。
特にボトルの付け替えには細心の注意を払う必要があるでしょう。
割れはしなかったものの、角に当たったことで小さな傷が付いてしまったことがありました。
大した衝撃ではなかったので、幸いにも大惨事には至りませんでした。
しかしワンウェイ方式の場合は、狭い場所に設置するのを止めたほうが良いかも知れません。
リターナブル方式だから衛生面が良くないというのではなく、ワンウェイ方式のほうがやや勝っているという感覚です。
使い捨てボトルは利便性や実際の衛生面より、使い捨てにすることで精神的に安心できる面があります。
それにワンウェイ方式は例外なくメンテナンス不要のサーバーを使っており、定期的なメンテナンスにお金がかかりません。
メンテナンスが必要となったとしても、自分自身でケアできる特徴があります。
サーバー代も無料のサービスを利用しており、水の宅配は常に切らさないように定期便が欠かせません。
我が家では安全で安心できる水を飲むために、ワンウェイ方式のウォーターサーバーをこれからも続けていくつもりです。

このページの先頭へ