ミネラルウォーター

ウォーターサーバーの蛇口のお手入れ

ウォーターサーバーをご存知ですか。
ウォーターサーバーとは専用の水のボトルをセットするだけで、いつでも、冷水や、お湯を使うことが出来る便利な給水器です。
企業や病院でよく見かけます。
突然、来客がこられた時には、あわててお湯を沸かすこともなくスムーズに対応することが出来たり、商談が長引きそうな自動車や旅行会社のショールームなど、待ち時間に少しでもリラックスしてもらえるように、設置されているのを見かけます。
最近は健康志向もあり水への関心が高まっているので、家庭でも普及しています。
ウォーターサーバーの水は特定の水をろ過し、衛生管理のもとにボトルに入れられているので、新鮮で衛生的です。
その上、その水をサーバーの中で衛生的で安全に保存する機能がついているので、いつもきれいで美味しい水になっています。
飲み水としてだけではなく、お米が美味しく炊けたり、料理も味が引き締まったように感じます。
ウォーターサーバーに使うお水は、自然から採水した水をろ過や加熱処理などにより、不純物を除いた天然水と、極小のフィルターでろ過し限りなく純粋に近い水のRO水があります。
天然水は、自然に含まれているミネラルや独特な甘みや味を楽しみたい方に人気です。
RO水は、ミネラルや、大腸菌O-157なども除去されるので、小さいお子さんがいらっしゃる方に人気です。
いつでも冷水やお湯を飲めるようになってるので、電気代がかかると思われがちですが、お湯を沸かすために、やかんやポットを使っていることを思えばそんなにかわりません。
ウォーターサーバーのお手入れやメンテナンスについては業者が定期的に行ってくれるところがほとんどです。
でも、週に一度は出来る範囲でお手入れと掃除を行う必要があります。
新しいボトルに交換するときは差込口とその周辺。
蛇口と受け皿は水を出すたびに使うところなので、日ごろからお手入れする必要があります。
蛇口はふきんなどでふき取りアルコール系の衛生剤で消毒します。
受け皿は取り外しが出来るので、食器用洗剤でしっかりと洗い、からぶきしてから元に戻します。
メリットは、新鮮で安全なお水をいつでも好きなときに冷水やお湯を飲むことが出来ることです。
お水は業者さんが自宅まで宅配してくれるので、わざわざ買いに行かなくてもすみます。
デメリットは、普段からあまりお水を買って飲むことをしない方は、割高に感じます。
それにサーバーを取り付けただけで狭くなったと感じます。
サーバーの設置場所としては取り付けるための工事は必要なく、コンセントが必要になるので、コードが届くところでないといけません。
レンタルするか買取をするかで迷われる方もいるかと思います。
でも、サーバーを無料でレンタルさせてくれるところもあるので、お水代とメンテナンス費用と電気代がかかるくらいです。
私はサーバーと浄水器の取り付けと迷ったのですが、無料レンタルさせてくれるところがあったし、子供達も、自分ですぐに冷たい水をくんで飲むことが出来るので、浄水器はやめました。
不要になったときにも処分の手間も省けるので。
人間の体の60%は水分で出来ているので、出来るだけ体によい水を取りたいです。

このページの先頭へ