ミネラルウォーター

ウォーターサーバーは意外と小さいので場所をとりません

最近よくウォーターサーバーという言葉を、テレビコマーシャルなどで聞くようになっていたのでとても気になっていました。
もし有ったら便利だろうなと思ってはいたのですが、置き場所となるキッチンにあまりスペースが有りませんので、置くことはできないだろうと勝手に想像して諦めていました。
ですがふとした時に、ウォーターサーバー会社のホームページを見ていると意外と小さいという事に気が付きました。
イメージ的に、小さい冷蔵庫くらいの大きさがあると思い込んでいたので、とてもじゃないけどキッチンには置けないと考えていたのですが、実際は雑誌一冊分ほどのスペースが有れば置くことができる事が分かったので、すぐに契約する事にしました。
そこでどこの会社と契約するのか選ばなくてはならないのですが、やはり少しでも小型の物を取り扱っている会社を優先的に選ぶことにしました。
サーバーにはいくつかの種類があってトールタイプと呼ばれる背の高いものと、ショートタイプと呼ばれる背の低いタイプが有ります。
これは設置するのに必要な面積は変わらないのですが、トールタイプは床に直接設置するのがメインとなるのですが、ショートタイプの方は床に直接置くこともできますし、テーブルやシンクなどの上にも設置する事が可能です。
ですからキッチンで棚の上などで、デッドスペースになっている場所があるのならショートタイプを設置することをオススメします。
私の場合もキッチンカウンターの上に使っていないスペースが有りましたので、ショートタイプを選択してそこに設置する事に決めました。
ひとつ注意する点として、電源を確保する必要が有ります。
冷水や温水を出すためには電気が必要になりますので、設置場所周辺にコンセントを準備しておくようにしましょう。
周辺に無い場合は、延長コードなどを用いれば良いでしょう。
また延長コードは上手に隠して配置するようにしましょう。
その後どの会社にするかを決めて申し込みをしたところ、すぐに自宅に届けられたので早速設置してみました。
どこに設置するかをあらかじめ決めてあったので、すんなりと設置する事が出来ました。
実際に設置してみて感じた事は、冷水や温水が出る蛇口の部分がどれくらいの高さになるのか、ということがとても重要だと言う事です。
立って使うにしても、しゃがんた状態で使うにしても自然な感覚で操作ができる位置に蛇口が来ることがとても大切です。
毎日頻繁に使うことになる物ですから、少しでも使い勝手がいいに越したことはありませんので、気をつけて設置する必要が有ります。
私の場合はキッチンカウンターが丁度良い高さだったので、特に調整をする必要もなく操作しやすい高さとなりましたのでそのまま使用しているのですが、もし蛇口が低めになってしまうような場合は、しっかりと安定した板などを下に敷いて高さを上げるようにすると、使い勝手を向上させる事ができるのでオススメです。
最後に私はウォーターサーバーを設置してとても良かったと感じています。
今までは水を飲むのにも冷蔵庫からいちいち取り出していたのが、ワンタッチでコップに注ぐ事が出来るようになりましたし、キッチンにいつでも使えるお湯があるので料理をする際に、とても便利になりました。

このページの先頭へ