ミネラルウォーター

水垢を気にせずに飲めるのはウォーターサーバーだから

私の住むマンションは、7階建てで全戸100件ほどあります。
築年数は30年以上という古さですが、管理がしっかりされているため快適に暮らしています。
ですが、入籍後、一緒に住み始めた嫁にとっては不満があるらしく、よく話を聞いてみると、とにかく水がまずいと言うのです。
嫁は空気の澄んだ山の育ちで、常に美味しい水を飲んで暮らしていました。
ですから、都会の水がからだに合わないようです。
しかも、うちのマンションは、屋上の大きな貯水タンクに一旦水を貯めてから、各戸の水道へと水が流れるようになっています。
もちろん貯水タンク内の清掃は、マンションの管理会社が定期的に行っています。
しかし、嫁が気になっているのは、そのタンクから私の住戸までの配管に付いた水垢なのです。
自宅の洗面所などの配管の掃除は、匂いが気になった時に市販の薬で対処しています。
ですが、建物の壁に埋め込まれた部分は、個人で掃除することができないのです。
私は10年ほど同じ場所に住んでいて、なかなか住みやすいと感じていましたが、嫁は引越ししたいとまで言い出す始末。
結婚して初めてのケンカが、まさか水のことだとは思いもよりませんでした。
そんなある日、嫁が浄水器のパンフレットを入手してきました。
配管の水垢を濾過した、きれいな水を飲みたいのだそうです。
まあ、そのぐらいの出費は仕方がないかと思い、業者に連絡してみると、すぐさま営業マンが浄水器の説明をするためにやってきました。
すると、デメリットがひとつあったのです。
浄水器のサイズが大き過ぎて床に設置することになるのですが、タダでさえ狭いキッチンの床面積をとられたら動線が悪くなってしまいます。
嫁は納得いかないようですが、浄水器のプランは諦めてもらいました。
それから数日後、水にこだわり続ける嫁は、次の新情報をキャッチしてきました。
今度はウォーターサーバーです。
友達の家に遊びに行った時に、リビングに設置されているのを見て、いろいろと話を聞いてきたようです。
設置面積は浄水器と同じぐらいですが、独立しているため設置場所はどこでも良いというメリットがあります。
メンテナンスの値段は、浄水器と同じぐらいですが、フィルターなどの消耗品が必要ないため手入れは楽です。
そして、なんと嫁は友達にお願いして、ウォーターサーバーの水を小さなボトルに入れてお土産にもって帰っていました。
私は常温のまま試飲してみましたが、これがなかなか旨いんです。
あまり期待していなかったのですが、私もウイスキーの水割りで使いたいなと思いました。
そして、我が家にもウォーターサーバーを導入することに。
業者のスタッフが中に入っている水の成分を解説してくれて納得しました。
天然水だったのです。
水道水のような硬い感じがせず、のどごしがスムーズで美味しい。
だから、嫁の舌がOKを出したのだと理解できました。
今では夫婦水入らずで、水を楽しんでおります。
朝のコーヒーが美味しくなり、お昼のティータイムも楽しくなり、夜のバータイムもクオリティがアップしました。
そのせいか、ホームパーティを開くことが多くなり、うちのウォーターサーバーのファンは、着実に増えているのです。

このページの先頭へ